豊田高専学生会

第99回全国高等学校野球選手権愛知大会

 5月16日、球技大会が開催されました。雨天のためソフトボールとフットボールは中止となりましたが、体育館でバレーボール・3on3・ドッジボール、卓球場で卓球を行いました。屋内でのスポーツは、靴が滑る音や声援が反響したり、屋外よりも近くで観戦できたりするため、屋外とは一味違った顔を持つ大会となりました。

 1年生は初めての球技大会でしたが、上級生に引けを取らない活躍を見せてくれました。全校で行われる行事は、普段はあまり接する機会のない他学科・他学年の学生とも交流できる場なので、ぜひ積極的に参加していってください。

 所属する部活動による優位性や、本校に男子学生が多いことを考慮し、大会では毎年部活動ハンデと女子ハンデが設けられています。女子ハンデは部活動にかかわらず適応されるため、メンバーによってはかなり有利になることもあります。

 試合同様に選手たちが個性を発揮するのがチーム名。ひとめ見て構成メンバーが分かるチーム名もあれば、意味が分かる人には分かるもの、仲間だけが意味を知っているもの、先生へのメッセージが込められたものありました。トーナメント表を眺めるのも、大会の楽しみのひとつです。また、なにやらユニークな恰好で試合に臨んでいる学生も。大会に参加する際にはルールがありますが、大会の楽しみ方にルールはありません。参加したみなさんがそれぞれ大会を楽しんでもらえたら幸いです。

Twitter(@TNCTG)


豊田高専
こうよう祭