豊田高専学生会

イベント

執行部主催イベント

新入生歓迎会

毎年4月に、新入生に学校生活に早く慣れてもらおうと開催しています。

スライドによる年中行事の紹介を行います

部及び同好会が出展するブースでは、活動紹介や勧誘が行われます。

高専大会壮行会

毎年6月に、主に夏に開催される高専大会に出場する選手の激励のため、開催しています。

各部の代表者が、大会に向けた意気込みを述べます。

クリスマス会

毎年12月に学生間の交流を図るため、開催しています。

例年、豪華景品が当たるビンゴ大会と、ケーキ配布が行われます。

卒業生を送る会

毎年3月に、卒業する5年生を送り出すため開催しています。

在学中に学生会役員や寮生会役員を務めた学生には、感謝の意を込めて記念品が贈呈されます。

ユーモア溢れる送辞・答辞は見応えがあります。

こうよう祭実行委員会主催イベント

こうよう祭

毎年10月末から11月頭に行われる、本校の文化祭です。

本校では5月にも寮を主体とした寮祭が催され、年に2回文化祭があることになりますが、こうよう祭は特に高専の特色である「ものづくり」を主体とした祭りになっています。

各学科の2年生が制作する「クラス展」、各学科の4年生が制作する「学科展」、有志の部活動・同好会が制作する「有志展」のほか、ステージイベントなどで毎年にぎわいを見せています。

詳しくは、こうよう祭ホームページを御覧ください。

体育委員会主催イベント

球技大会

毎年5月に行われる大会です。

例年、ソフトボール、フットサル、3on3、バレーボール、卓球、ドッジボールが競技種目となり、各チームが競います。

チームはクラスごとに組まれることが多いですが、中には学年学科を超えたつながりでチームが組まれることもあります。

体育祭

毎年10月に行われる、クラス対抗の大会です。

種目は様々で、定番の借り物競争や障害物走、騎馬戦などのほか、学科対抗スウェーデンリレーや、ファイティングサークルといったユニークな競技も行っています。

また、応援合戦では、3年生と1年生が協力して、応援の素晴らしさを競い合います。

須賀杯駅伝競走大会

毎年11月に行われる、名古屋大学体育会との合同行事です。

本校の初代校長、須賀太郎先生が名古屋大学教授であったことから、両校のスポーツ文化振興を図り、始まりました。

かつては名古屋大学から豊田高専までの間、約27kmを6区間に分けて走っていましたが、交通事情の変化などにより、近年では名古屋の緑地公園で開催されています。

昭和39年(1964年)度に第1回大会が行われ、今日まで中止することなく続いている伝統ある駅伝大会です。

クラブ対抗駅伝競走大会

毎年1月に行われる、部活動・同好会同士の競走大会です。

本校の外周コース5周、約25キロを5人で走り、タイムを競います。

例年、参加賞として豚汁を配布しており、寒い時期にピッタリの行事です。

Twitter(@TNCTG)


豊田高専
こうよう祭